2014年10月

仕事場での休憩中、天気も良かったので外のベンチでお茶を飲みながらゆっくり過ごしていたところ、同僚もやってきたので少し話をしました。その同僚とは仕事では話すことがあっても一対一でおしゃべりすることはなかったので、どんな人かわからず緊張しました。お互いの故郷の事や私はスペイン語を学んでいて、同僚はスペイン語が堪能であることを知りレクチャーしてもらったりと楽しかったです。同僚は明るくていつも人を笑わせてくれるのですが、意外に繊細な一面もあるらしく仕事での悩みを聞いたりしていくうちに同じことで悩んでいることもわかり、今まではどこか距離を感じていた同僚に対して親近感を覚えました。今度の飲みに行こうと約束したので、その時にまだまだ知らないお互いの事なんかを腹を割って話せ仲良くなれたらなと思います。

昔、京都市青少年科学センターで行われる市民天体観望会に、時々行っていた。うちには望遠鏡がないので、望遠鏡できれいな星が見られるからだ。それに、科学センターの職員の皆さんの解説もあるから、すごくわかりやすい。 今までに、土星とか、二重星、日食や月食を見た。ただ、会場が自宅から少々遠く、帰宅が遅くなるので、いつしか見に行かなくなっていた。 また見にいきたいなあと思う。予約申込みが必要なので、今年の予定を見ていたら、夏休みの分は既に募集が締め切られていた。やはり親子連れが多いのかな、夏休みの自由研究をする人が多いのかなと思った。でも秋から冬にかけても皆既月食や天王星など魅力あるデーマが並んでいる。近々また行きたい。予約を忘れないようにしなければ。

今話題のタロット占いスクールですが、タロット占いスクールがここまで人気となる理由はなんなのでしょうか?そしていいところはどういったところなのでしょうか?たくさんあるメリットの中からいくつか紹介してみたいと思います。まずは、初心者でも簡単に始められ、専門的な技術と知識を手に入れることができることです。 タロットを支給され、その人にあったペースでタロット占いの技術や知識を教えてくれます。というのも、少人数制の授業、またはマンツーマンでの授業を行ってくれるところがほとんどなので、じっくりと小さい疑問点もその都度解決しながら学んでいくことを可能としているのです。そしてプロのタロット占いの概念を教われることです。 独学では表面上の知識はついても、そのものに関する考え方は身につきません。その概念がなければプロの当たる占い師とはなれないのです。そういった基礎からしっかりと教えてくれるタロット占いスクールは老若男女様々な方々から支持を得ているのです。興味のある方は詳しく調べてみて実際に行くかどうか検討してみてくださいね。

業績が低迷しているマックですが、遂に思い切って 「チキンナゲット」の無料券を配布して挽回を果たそうとしているようだ。 しかし、期限切れ肉を使用していた問題で、お客さんの反応は冷ややか。 あるサイトで1000人に独自のアンケートを取った結果、 無料でも食べないと答えた人の割合が約6割もあったらしい。 まあ、人の先入観はなかなか変わらないもの。 食べてちょっとでも味が変と感じたらクレームになるのでしょうな。 いっそのこと、ナゲットをやめて新メニューにすればいいのにね。 いつまでも過去の栄光を引きずっているから業績が悪くなる一方なんですよきっと。 【PR】 全国のパチンコ店検索にはスマホ対応の「パチンコバイト情報検索」で。 オススメの高額アルバイト情報も掲載!!

今年もあと2ヶ月と半分。 12月ともなるとサラリーマンは税金が戻ってくるかもしれない 年末調整がやってきます。 そこで今回は税金、所得税の始まりについて調べてみました。 1451年、イタリアのフィレンツェでロレンツォ・デ・メデチが 実施したカタストロというのが最初の所得税と言われています。 後に累進課税である≪スカラ≫に変わったが1492年のロレンツォの死後、 廃止されました。 イギリスでは1799年1月9日以降、戦時策として所得税が導入されました。 初年度は600万ポンドの税収があったようです。 で、この時に「所得税に関する諸条項の、誰でもわかる解説」と題する パンフレットが配られました。 政府が配るこの種の手引きとしては初めてのものであったが、 今日同様、さらに内容を分かりにくくするものであったと言われています。 ではでは。

↑このページのトップヘ