2014年02月

加齢によって起きる肌の変化を食い止めるためには、アスタキサンチンのような抗老化作用のある栄養成分をサプリメントなどで補充することがおすすめです。アスタキサンチンと聞いても、耳慣れないと感じる人もいるでしょう。最近、アスタキサンチンは化粧品やサプリメントなど様々な局面で活躍しています。皮膚への浸透度合いが良いことが、人気の理由といえるでしょう。体内にアスタキサンチンを取り入れるために、サプリメントを使う方法も有効です。アスタキサンチンは、活性酸素から免疫機能をガードする機能があります。体の免疫を維持するために役に立ってくれる成分です。アスタキサンチンは、食べる物を選ぶことで、日々の食事からも取り入れることができます。ですが、確実性や効率を重視するならサプリメントが適切です。赤い色素であるアスタキサンチンは、カロチノイドに分類されます。http://corpusbrasileiro.org/ 抗酸化力が強く、老化を促進するという活性酸素の量を減らす効果があるといいます。サプリメントでアスタキサンチンを摂取する場合には、できるだけ含有量の多い商品を選ぶようにしたいもの。抗酸化力が強い成分として知られているビタミンEより、千倍も酸化を抑制するそうです。多方面の研究からも、アスタキサンチンががん細胞の増加を抑える効果があるということが知られています。

ダイエットをしているのに、下半身だけがなぜか痩せてくれない。 特に脚が痩せないんです。 という、お話をよく耳にします。 そこで、今日は脚やせについてお話ししたいと思います。 あなたは、ダイエットをしていて脚だけやせないと思っているようですが、それは本当でしょうか? きちんと測ってみましたか? もし、測っていたのなら、ダイエット前と比べてみてください。 少なからず細くはなっているはずなんですが…。 きっと、このようなことを言うと、「そんなことはない、私の脚は太いままだ」という意見が多いと思います。 なぜ、足が痩せないと思ってしまうのか、それは上半身に比べて下半身の痩せ方が遅いからなんです。 だから、上半身はしっかり痩せてくれたのに、下半身がまったく痩せてくれないと勘違いをしているんです。 でも、なぜ下半身はなかなか痩せないのでしょうか? これには諸説あるのですが、下半身は常に心臓よりも下の位置にあります。 それも、足は体の部位でいうとかなり下の方ですよね。 心臓よりも下にあるので血液やリンパの流れが悪くて、水分や老廃物が溜まりやすいからなんです。 溜まってしまった水分や老廃物は、いわゆる「むくみ」となって現れます。 特に立ち仕事の人に多く、デスクワークなど座った仕事が多い人でも筋力が衰えることで「むくみ」やすくなります。 その「むくみ」も、放っておくと血管がこぶのようにボコボコ膨らんだり、セルライトになってしまったりします。 つまり、脚と言うのは非常に痩せにくい部分ということになるんです。 しかし、決してダイエットをしていて脚だけが痩せないのではありません。 運動をすると体全体がエネルギーを消費します。 決して脚だけ消費しないなんてことはなく、エネルギーの消費に大小があっても必ず消費はしています。 エネルギーが消費をしているということは、脂肪を燃焼していることにつながります。 つまり、運動などのダイエットをする限り、脚も同じように脂肪燃焼はしているんです。 しかし、先程も書いた通り、脚は心臓から遠い部分にあります。 一生懸命、ダイエットをして脂肪燃焼させたとしても、それが追い付かない分溜まってしまっているのです。 でも、決して増え続けるんじゃなく、少なからず脂肪を燃焼させてはいるんです。 非常に分かりずらいですが、消費した脂肪が上半身より少ない分、あまり痩せた感じがしないという訳です。 ただ、リンパなどに溜まった老廃物がうまく排出されていないと、痩せないことにはなります。 ここで、1つ提案ですが、脚やせに効果があると言われるインナーマッスルを鍛えることで、普通の脚やせダイエット法よりもその効果が期待できます。

私は休みの日はつい寝過ごしがちで、昼間に本を読みながら寝落ちしてしまったり、 とにかくよく寝ています。 しかし、睡眠のパターンが崩れると、頭痛がしたりだるかったりとどうも調子が悪いです。 わかっていても眠ってしまうということで、寝ること自体は幸せなのですが、 どうもその後がよくありません。 休日を有意義に過ごすためにはこの惰眠の習慣をどうにか打開せねばなりません。 それにしても、睡眠サイクルが崩れるとどうして体調が悪くなるのでしょう。 眠りについてはいろいろと本が出ていますが、 睡眠サイクルと体内分泌の連動がよく言われているので、きっとその辺なのでしょう。 ともかく頭痛がするので脳の状態が思わしくないんだろうなあ、と思うとなんだか怖いですね。

仕事でパソコン作業をすることが多いので、パソコン用のメガネを買ってみました! ブルーライトをカットする、という謳い文句の度なしメガネです。 ところで、ブルーライトってそもそも何が悪いんでしょうか。 ブルーライトというのは、文字通り青色の光のこと。 パソコンやスマホなどのバックライトとして使われているLEDから発されています。 青色の光はエネルギーが強く、長時間目にあてていると疲れ目や視界のチラつきの原因となるそうです。 それだけではなく、ブルーライトは寝不足や肩こりの原因にもなり得るということが最近わかってきています。 寝る前にスマホをいじっていたら目が冴えてしまった、なんて経験ありませんか?ス マホもパソコンも便利ですが、程々の付き合いをしたいですね。

ちょっと変な表現になりますが、舌ぐるぐるさせて頬の筋肉を鍛えてほうれい線をなくすエクササイズをしってますか?まずは、舌でお口の内側を押し上げるようにして力を少し入れます。時計のように大きく12のポイントを想像してください。それを追うようにゆっくりと時計回りと反時計回りを押していきます。一日2~3回を、目安にかんがえていくといいとおもいます。これだけで終了です。かんたんですよね。ほうれい線をなくす効果だけでなく、目元などの顔の筋肉も鍛えられ口内のエクササイズが顔全体のバランスをととのえてくれるはずです。きになるかたわぜひぜひためしてみてくださいね。 表情が若返ったら周りからのイメージがかなり変わりますよ。

↑このページのトップヘ